2012年10月31日水曜日

宿泊サイト一休のビジネスモデル


弁理士 佐成重範 Google検索 SANARI PATENT




出張やレジャーのホテル・ネット予約で馴染みの一休株(東証1部)が年初来高値を更新して44,700円に達し(2012-10-30)、4月安値34,050円の31.3%高に及んだ。「ネット上で宿泊予約サービス「一休.com」運営、高級ホテル・旅館を軸に外食予約へも進出」と特色付けられ(会社四季報)、「主力の宿泊予約は、前期に実施した施設への手数料が通年化。固定客や休眠会員へのポイント還元策が効き、サイト集客、想定超。レストラン予約も掲載店増加により手数料収入、高水準」(同)と高評価されている。戦略として「予約サイト内で都内人気商業施設のイベント情報等を掲載、利用頻度引き上げを狙う。競争激しい共同購入クーポンはプレゼント機能を設けテコ入れ」(同)と、ビジネスモデルのイノベーションに間断ない。例えば「一休.comビジネスホテルを使う理由」欄にも、「女性の出張も安心」「リーズナブルな家族旅行」「パッケージツアーもお得」「大浴場でちょっとした旅気分」「ポイント・スタンプがたまる」など、関心のポイントを衝いている。

佐成重範弁理士所見→「こころに贅沢させよう」と掲げた一休.com会員登録は無料で、ネット上の情報提供は極めてキメ細かいから、経済再活性化を起動する人的流動活発化のインフラ的存在に成長すると予想する。

(訂正の御要求は sanaripat@gmail.com に御送信下さい)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム