2012年10月21日日曜日

独自のビジネススキームでケータイ販売を拡張するアルファグループ


独自のビジネススキームでケータイ販売を大展開するアルファグループ

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENTC




ケータイ販売拡大中のアルファグループ(NASDAQ)が年初来高値を更新して71,600円に達し、4月安値47,65050.3%高に及んだ。その事業内容を同社は、「アルファグループは、ホールディング体制のもと、独自の代理店ビジネスモデルを強みとし、全事業体を代理店モデル化。営業商社として商材(市場)を短期間に拡販するスキームビジネスを展開しています。全事業を通じて法人顧客40万、モバイルを中心とした販売拠点数・約172店舗のビジネスインフラが、アルファグループのビジネスを支えています」と述べ、モバイル、オフィスサプライ、ウェブマーケティングの3事業を次のように説明している。

1.    モバイル事業→モバイルセールス事業、店舗開発事業、コンシューママーケティング事業→モバイル商材に特化したセールスソーシング事業を展開している。ビジネスインフラ販売店網を構築し、関東圏約172店を中心とした、全国のケータイショップで、年間約20万台の端末を販売している。

2.    オフィスサプライ事業→カウネット事業、新商材事業、法人向けセールスマーケティング事業、水宅配事業→オフィスサプライ商材に特化したセールスソーシング事業を展開している。ビジネスインフラ・法人顧客流通網を構築し、全国コールセンタおよびビジネスパートナである代理店約50社のエージェントネットワークを確立している。

3.    ウェブマーケティング事業→SEOSANARI PATENT注:Search Engine Optimization))営業支援コンサルティング事業、メディアサイト運営事業→検索エンジン最適作動技術をベースとするセールスソーシング事業を展開している。競争優位性の高いサービスを提供。

佐成重範弁理士所見→次世代ネットワークにおけるアルファグループの業容拡大が期待される。

(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にメール下さい)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム