2009年12月1日火曜日

Recovering of Industry Production Predicted by METI (2009-11-30) 

「生産は 持ち直しの動きで推移」と経済産業省発表(2009-10分を昨日公表)
弁理士 佐成 重範 Web検索 SANARI PATENT
Other Site http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog
Other Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

 経済産業省が昨日公表した「生産は持ち直しの動きで推移」、「10月の製造工業生産・出荷等および生産予測調査」によると、10月の生産・出荷上昇に引続き、11月、12月とも上昇を予測している。
 すなわち、平成17年を100として、季節調整済の指数としては、生産は86.1で前月比0.5%上昇、出荷は88.8で1.3%上昇、在庫は93.3で1.5%の減、在庫率は116.9で前月と同じ(SANARI PATENT注: 指数間の数学的関係については、別途考察を要する)。
 項目別にみると、10月の生産は8か月連続の上昇となった。 生産の上昇に寄与した業種は、一般機械工業、金属製品工業、情報通信機械工業等である。品目別には、モス型半導体集積回路、半導体製造装置、蒸気タービン部品の順に上昇に寄与している。
 10月の出荷も8か月連続の上昇を示したが、これに寄与した業種は輸送機械工業、情報通信機械工業、一般機械工業等であった。
 また10月の在庫は、2か月連続低下したが、これに寄与した業種は、一般機械工業、鉄鋼業、輸送機械工業等である。

 製造工業生産予測調査によれば、11月は前月比3.3%の上昇、12月は同1.0%の上昇を予測している。
(コメントは sanaripat@gmail.com にご送信ください)

ラベル:

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム