2009年10月16日金曜日

US-Japan Investment Initiative Seminar (Oct.28, 2009) Organized by METI, U.S. Department of State etc. 

日米投資イニシアティブセミナー、環境ビジネスなど
弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT
Sub Site http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog
Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

経済産業省(担当:貿易経済協力局貿易振興課)が、標記セミナ開催(2009-10-28:InterContinental Yokohama Grand 3F Cannes/Nieceにて)を発表した(2009-10-15)。JETRO、米国国務省と共催で、日米の環境ビジネスや、実際に日本に投資した体験談等、日本でのビジネスを考える日本企業にとって有益となる情報を提供すると共に、対日投資に対する理解を深めることを目的としている。

日米投資イニシアティブセミナーは、2001-06に設置された「日米投資イニシアティブ」のプログラムとして始まり、日米両国政府が共同で開催するもので、日米双方の投資促進を目的とし、毎年開催して、今年は8回目である。今回は、「日米協業によるグローバルマーケットへの展開」をテーマとし、世界的に関心が高い環境分野を中心とした日米ビジネスにおいて、日米市場のみならず、グローバル市場への展開について考えるプログラムとなっている。
具体的には、米国における環境ビジネスの現況に加え、ベンチャーキャピタルなどがこれら新規産業の育成に果たしてきた役割、ベンチャーキャピタルを介した日米連携による具体的な事例など、日米ビジネスにおける最新状況を知り得るプログラムを構成している。セミナ終了後には、ネットワーキングレセプsyポンを開催する。

Keynote Presentation は、Mr. PHIL WICKHAM (President and CEO, Kauffman Fellows Program of the Center for Venture Education)が「Investment Trends in Environment Related Markets in the United States and the Role of Financial Players」という暫定題で行う。

Panel Discussion は、「Enterprise Development in the Environment and High-Tech Industries in Japan: through the introduction of US Capital and Potential for Expansion in the US, Asia and Beyond」という暫定題で行う。
Moderaterは、日本ベンチャーキャピタル協会の呉雅俊会長、パネリストとして予定されてのは、次の各氏である。
Mr. Michael J. KORVER (Managing Partner, Global Venture Capital)
Mr.
James PACE (Senoir Director, Silver Spring Networks)
秦 信行氏(国学院大・経済学部教授)
金子延康氏(横浜市政策専任部長)
伊佐山 元氏(DCMジャパン パートナー)
(コメントは sanaripat@gmail.com に御送信下さい)

ラベル:

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム