2009年3月9日月曜日

The Process of Establishing IP Strategy 

内閣知財戦略本部の新年度知財計画策定過程
弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT
Sub Site http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog (From Pro Patent to ProInnovation)
Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat (ボンドの立体商標)

 政府諸計画の閣議決定後の内容は、いわゆるソツなく表現されて、残された重要課題が被覆されている場合が多い。内閣知財戦略本部の2009年度知財計画についても、策定の最終段階に入った現時点での委員発言に注目しておくことが、計画成案の理解に役立つ。以下SANARI PATENTが要約した発言要旨であるが、順序不同のままである。

1. 医薬の新たな投与方法による治療費への影響
  新規投与方法による薬剤費の上昇への懸念について、フォサマック錠のケースを紹介する。その35mg錠を週1回投与の発売時薬価は847円80銭で、1日薬価は従って、121円11銭である。一方、新たに承認された一日一回製剤のフォサマック錠5mgの場合は、142円70銭であるから、1日当りにすると、新投与方法による薬価の方が安価である。このように、利便性が増して、薬剤費はむしろ低くなっている(SANARI PATENT考察: 単発的な挙例となっているので、少なくとも複数事例の提示で理解したい)。

2. 「医療に関する発明」の種類ごとの審査基準の考え方(SANARI PATENT考察: 以下の記述は、この分野の知財専門家でないと理解困難であるし、また医療を特許対象から除外していない米国特許法の立場からは、問題の外に在る)      
  現行の審査基準で「医療方法として特許できない」と整理されている発明の種類について、これらの発明を特許対象とするためには、先ず現行の審査基準において「医療方法」として整理されている個別の技術について、医療方法ではない方法の発明と整理することについて、コンセンサスが得られるか、または医療方法に特許保護を認めないという基本的な考え方を変更して、医療方法に特許保護を認めることについて、コンセンサスが得られることの、この二通りいずれかが必要となる(SANARI PATENT考察: iPS、いわゆる万能細胞のニュースがあると、マスコミ始め、国際競争、特に国際特許競争への対処を強調するが、医療方法特許の基本問題がこのように検討中であることへの評価が先ず必要である。)(以下次回)
(記事修正のご要求・ご意見は sanaripat@gmail.com に送信下さい)IP Strategy、 iPS、内閣知財戦略本部、フォサマック錠 l.com に送信下さい)IP Strategy、 iPS、内閣知財戦略本部、フォサマック錠

(以下、2009-03-09記事重複出力)


The Process of Establishing IP Strategy 内閣知財戦略本部の新年度知財計画策定過程
弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT
Sub Site http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog (From Pro Patent to ProInnovation)
Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat (ボンドの立体商標)

 政府諸計画の閣議決定後の内容は、いわゆるソツなく表現されて、残された重要課題が被覆されている場合が多い。内閣知財戦略本部の2009年度知財計画についても、策定の最終段階に入った現時点での委員発言に注目しておくことが、計画成案の理解に役立つ。以下SANARI PATENTが要約した発言要旨であるが、順序不同のままである。

1. 医薬の新たな投与方法による治療費への影響
  新規投与方法による薬剤費の上昇への懸念について、フォサマック錠のケースを紹介する。その35mg錠を週1回投与の発売時薬価は847円80銭で、1日薬価は従って、121円11銭である。一方、新たに承認された一日一回製剤のフォサマック錠5mgの場合は、142円70銭であるから、1日当りにすると、新投与方法による薬価の方が安価である。このように、利便性が増して、薬剤費はむしろ低くなっている(SANARI PATENT考察: 単発的な挙例となっているので、少なくとも複数事例の提示で理解したい)。

2. 「医療に関する発明」の種類ごとの審査基準の考え方(SANARI PATENT考察: 以下の記述は、この分野の知財専門家でないと理解困難であるし、また医療を特許対象から除外していない米国特許法の立場からは、問題の外に在る)      
  現行の審査基準で「医療方法として特許できない」と整理されている発明の種類について、これらの発明を特許対象とするためには、先ず現行の審査基準において「医療方法」として整理されている個別の技術について、医療方法ではない方法の発明と整理することについて、コンセンサスが得られるか、または医療方法に特許保護を認めないという基本的な考え方を変更して、医療方法に特許保護を認めることについて、コンセンサスが得られることの、この二通りいずれかが必要となる(SANARI PATENT考察: iPS、いわゆる万能細胞のニュースがあると、マスコミ始め、国際競争、特に国際特許競争への対処を強調するが、医療方法特許の基本問題がこのように検討中であることへの評価が先ず必要である。)(以下次回)
(記事修正のご要求・ご意見は sanaripat@gmail.com に送信下さい)IP Strategy、 iPS、内閣知財戦略本部、フォサマック錠
The Process of Establishing IP Strategy 内閣知財戦略本部の新年度知財計画策定過程
弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT
Sub Site http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog (From Pro Patent to ProInnovation)
Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat (ボンドの立体商標)

 政府諸計画の閣議決定後の内容は、いわゆるソツなく表現されて、残された重要課題が被覆されている場合が多い。内閣知財戦略本部の2009年度知財計画についても、策定の最終段階に入った現時点での委員発言に注目しておくことが、計画成案の理解に役立つ。以下SANARI PATENTが要約した発言要旨であるが、順序不同のままである。

1. 医薬の新たな投与方法による治療費への影響
  新規投与方法による薬剤費の上昇への懸念について、フォサマック錠のケースを紹介する。その35mg錠を週1回投与の発売時薬価は847円80銭で、1日薬価は従って、121円11銭である。一方、新たに承認された一日一回製剤のフォサマック錠5mgの場合は、142円70銭であるから、1日当りにすると、新投与方法による薬価の方が安価である。このように、利便性が増して、薬剤費はむしろ低くなっている(SANARI PATENT考察: 単発的な挙例となっているので、少なくとも複数事例の提示で理解したい)。

2. 「医療に関する発明」の種類ごとの審査基準の考え方(SANARI PATENT考察: 以下の記述は、この分野の知財専門家でないと理解困難であるし、また医療を特許対象から除外していない米国特許法の立場からは、問題の外に在る)      
  現行の審査基準で「医療方法として特許できない」と整理されている発明の種類について、これらの発明を特許対象とするためには、先ず現行の審査基準において「医療方法」として整理されている個別の技術について、医療方法ではない方法の発明と整理することについて、コンセンサスが得られるか、または医療方法に特許保護を認めないという基本的な考え方を変更して、医療方法に特許保護を認めることについて、コンセンサスが得られることの、この二通りいずれかが必要となる(SANARI PATENT考察: iPS、いわゆる万能細胞のニュースがあると、マスコミ始め、国際競争、特に国際特許競争への対処を強調するが、医療方法特許の基本問題がこのように検討中であることへの評価が先ず必要である。)(以下次回)
(記事修正のご要求・ご意見は sanaripat@gmail.com に送信下さい)IP Strategy、 iPS、内閣知財戦略本部、フォサマック錠The Process of Establishing IP Strategy 内閣知財戦略本部の新年度知財計画策定過程
弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT
Sub Site http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog (From Pro Patent to ProInnovation)
Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat (ボンドの立体商標)

 政府諸計画の閣議決定後の内容は、いわゆるソツなく表現されて、残された重要課題が被覆されている場合が多い。内閣知財戦略本部の2009年度知財計画についても、策定の最終段階に入った現時点での委員発言に注目しておくことが、計画成案の理解に役立つ。以下SANARI PATENTが要約した発言要旨であるが、順序不同のままである。

1. 医薬の新たな投与方法による治療費への影響
  新規投与方法による薬剤費の上昇への懸念について、フォサマック錠のケースを紹介する。その35mg錠を週1回投与の発売時薬価は847円80銭で、1日薬価は従って、121円11銭である。一方、新たに承認された一日一回製剤のフォサマック錠5mgの場合は、142円70銭であるから、1日当りにすると、新投与方法による薬価の方が安価である。このように、利便性が増して、薬剤費はむしろ低くなっている(SANARI PATENT考察: 単発的な挙例となっているので、少なくとも複数事例の提示で理解したい)。

2. 「医療に関する発明」の種類ごとの審査基準の考え方(SANARI PATENT考察: 以下の記述は、この分野の知財専門家でないと理解困難であるし、また医療を特許対象から除外していない米国特許法の立場からは、問題の外に在る)      
  現行の審査基準で「医療方法として特許できない」と整理されている発明の種類について、これらの発明を特許対象とするためには、先ず現行の審査基準において「医療方法」として整理されている個別の技術について、医療方法ではない方法の発明と整理することについて、コンセンサスが得られるか、または医療方法に特許保護を認めないという基本的な考え方を変更して、医療方法に特許保護を認めることについて、コンセンサスが得られることの、この二通りいずれかが必要となる(SANARI PATENT考察: iPS、いわゆる万能細胞のニュースがあると、マスコミ始め、国際競争、特に国際特許競争への対処を強調するが、医療方法特許の基本問題がこのように検討中であることへの評価が先ず必要である。)(以下次回)
(記事修正のご要求・ご意見は sanaripat@gmail.com に送信下さい)IP Strategy、 iPS、内閣知財戦略本部、フォサマック錠
The Process of Establishing IP Strategy 内閣知財戦略本部の新年度知財計画策定過程
弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT
Sub Site http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog (From Pro Patent to ProInnovation)
Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat (ボンドの立体商標)

 政府諸計画の閣議決定後の内容は、いわゆるソツなく表現されて、残された重要課題が被覆されている場合が多い。内閣知財戦略本部の2009年度知財計画についても、策定の最終段階に入った現時点での委員発言に注目しておくことが、計画成案の理解に役立つ。以下SANARI PATENTが要約した発言要旨であるが、順序不同のままである。

1. 医薬の新たな投与方法による治療費への影響
  新規投与方法による薬剤費の上昇への懸念について、フォサマック錠のケースを紹介する。その35mg錠を週1回投与の発売時薬価は847円80銭で、1日薬価は従って、121円11銭である。一方、新たに承認された一日一回製剤のフォサマック錠5mgの場合は、142円70銭であるから、1日当りにすると、新投与方法による薬価の方が安価である。このように、利便性が増して、薬剤費はむしろ低くなっている(SANARI PATENT考察: 単発的な挙例となっているので、少なくとも複数事例の提示で理解したい)。

2. 「医療に関する発明」の種類ごとの審査基準の考え方(SANARI PATENT考察: 以下の記述は、この分野の知財専門家でないと理解困難であるし、また医療を特許対象から除外していない米国特許法の立場からは、問題の外に在る)      
  現行の審査基準で「医療方法として特許できない」と整理されている発明の種類について、これらの発明を特許対象とするためには、先ず現行の審査基準において「医療方法」として整理されている個別の技術について、医療方法ではない方法の発明と整理することについて、コンセンサスが得られるか、または医療方法に特許保護を認めないという基本的な考え方を変更して、医療方法に特許保護を認めることについて、コンセンサスが得られることの、この二通りいずれかが必要となる(SANARI PATENT考察: iPS、いわゆる万能細胞のニュースがあると、マスコミ始め、国際競争、特に国際特許競争への対処を強調するが、医療方法特許の基本問題がこのように検討中であることへの評価が先ず必要である。)(以下次回)
(記事修正のご要求・ご意見は sanaripat@gmail.com に送信下さい)IP Strategy、 iPS、内閣知財戦略本部、フォサマック錠
The Process of Establishing IP Strategy 内閣知財戦略本部の新年度知財計画策定過程
弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT
Sub Site http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog (From Pro Patent to ProInnovation)
Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat (ボンドの立体商標)

 政府諸計画の閣議決定後の内容は、いわゆるソツなく表現されて、残された重要課題が被覆されている場合が多い。内閣知財戦略本部の2009年度知財計画についても、策定の最終段階に入った現時点での委員発言に注目しておくことが、計画成案の理解に役立つ。以下SANARI PATENTが要約した発言要旨であるが、順序不同のままである。

1. 医薬の新たな投与方法による治療費への影響
  新規投与方法による薬剤費の上昇への懸念について、フォサマック錠のケースを紹介する。その35mg錠を週1回投与の発売時薬価は847円80銭で、1日薬価は従って、121円11銭である。一方、新たに承認された一日一回製剤のフォサマック錠5mgの場合は、142円70銭であるから、1日当りにすると、新投与方法による薬価の方が安価である。このように、利便性が増して、薬剤費はむしろ低くなっている(SANARI PATENT考察: 単発的な挙例となっているので、少なくとも複数事例の提示で理解したい)。

2. 「医療に関する発明」の種類ごとの審査基準の考え方(SANARI PATENT考察: 以下の記述は、この分野の知財専門家でないと理解困難であるし、また医療を特許対象から除外していない米国特許法の立場からは、問題の外に在る)      
  現行の審査基準で「医療方法として特許できない」と整理されている発明の種類について、これらの発明を特許対象とするためには、先ず現行の審査基準において「医療方法」として整理されている個別の技術について、医療方法ではない方法の発明と整理することについて、コンセンサスが得られるか、または医療方法に特許保護を認めないという基本的な考え方を変更して、医療方法に特許保護を認めることについて、コンセンサスが得られることの、この二通りいずれかが必要となる(SANARI PATENT考察: iPS、いわゆる万能細胞のニュースがあると、マスコミ始め、国際競争、特に国際特許競争への対処を強調するが、医療方法特許の基本問題がこのように検討中であることへの評価が先ず必要である。)(以下次回)
(記事修正のご要求・ご意見は sanaripat@gmail.com に送信下さい)IP Strategy、 iPS、内閣知財戦略本部、フォサマック錠
The Process of Establishing IP Strategy 内閣知財戦略本部の新年度知財計画策定過程
弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT
Sub Site http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog (From Pro Patent to ProInnovation)
Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat (ボンドの立体商標)

 政府諸計画の閣議決定後の内容は、いわゆるソツなく表現されて、残された重要課題が被覆されている場合が多い。内閣知財戦略本部の2009年度知財計画についても、策定の最終段階に入った現時点での委員発言に注目しておくことが、計画成案の理解に役立つ。以下SANARI PATENTが要約した発言要旨であるが、順序不同のままである。

1. 医薬の新たな投与方法による治療費への影響
  新規投与方法による薬剤費の上昇への懸念について、フォサマック錠のケースを紹介する。その35mg錠を週1回投与の発売時薬価は847円80銭で、1日薬価は従って、121円11銭である。一方、新たに承認された一日一回製剤のフォサマック錠5mgの場合は、142円70銭であるから、1日当りにすると、新投与方法による薬価の方が安価である。このように、利便性が増して、薬剤費はむしろ低くなっている(SANARI PATENT考察: 単発的な挙例となっているので、少なくとも複数事例の提示で理解したい)。

2. 「医療に関する発明」の種類ごとの審査基準の考え方(SANARI PATENT考察: 以下の記述は、この分野の知財専門家でないと理解困難であるし、また医療を特許対象から除外していない米国特許法の立場からは、問題の外に在る)      
  現行の審査基準で「医療方法として特許できない」と整理されている発明の種類について、これらの発明を特許対象とするためには、先ず現行の審査基準において「医療方法」として整理されている個別の技術について、医療方法ではない方法の発明と整理することについて、コンセンサスが得られるか、または医療方法に特許保護を認めないという基本的な考え方を変更して、医療方法に特許保護を認めることについて、コンセンサスが得られることの、この二通りいずれかが必要となる(SANARI PATENT考察: iPS、いわゆる万能細胞のニュースがあると、マスコミ始め、国際競争、特に国際特許競争への対処を強調するが、医療方法特許の基本問題がこのように検討中であることへの評価が先ず必要である。)(以下次回)
(記事修正のご要求・ご意見は sanaripat@gmail.com に送信下さい)IP Strategy、 iPS、内閣知財戦略本部、フォサマック錠The Process of Establishing IP Strategy 内閣知財戦略本部の新年度知財計画策定過程
弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT
Sub Site http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog (From Pro Patent to ProInnovation)
Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat (ボンドの立体商標)

 政府諸計画の閣議決定後の内容は、いわゆるソツなく表現されて、残された重要課題が被覆されている場合が多い。内閣知財戦略本部の2009年度知財計画についても、策定の最終段階に入った現時点での委員発言に注目しておくことが、計画成案の理解に役立つ。以下SANARI PATENTが要約した発言要旨であるが、順序不同のままである。

1. 医薬の新たな投与方法による治療費への影響
  新規投与方法による薬剤費の上昇への懸念について、フォサマック錠のケースを紹介する。その35mg錠を週1回投与の発売時薬価は847円80銭で、1日薬価は従って、121円11銭である。一方、新たに承認された一日一回製剤のフォサマック錠5mgの場合は、142円70銭であるから、1日当りにすると、新投与方法による薬価の方が安価である。このように、利便性が増して、薬剤費はむしろ低くなっている(SANARI PATENT考察: 単発的な挙例となっているので、少なくとも複数事例の提示で理解したい)。

2. 「医療に関する発明」の種類ごとの審査基準の考え方(SANARI PATENT考察: 以下の記述は、この分野の知財専門家でないと理解困難であるし、また医療を特許対象から除外していない米国特許法の立場からは、問題の外に在る)      
  現行の審査基準で「医療方法として特許できない」と整理されている発明の種類について、これらの発明を特許対象とするためには、先ず現行の審査基準において「医療方法」として整理されている個別の技術について、医療方法ではない方法の発明と整理することについて、コンセンサスが得られるか、または医療方法に特許保護を認めないという基本的な考え方を変更して、医療方法に特許保護を認めることについて、コンセンサスが得られることの、この二通りいずれかが必要となる(SANARI PATENT考察: iPS、いわゆる万能細胞のニュースがあると、マスコミ始め、国際競争、特に国際特許競争への対処を強調するが、医療方法特許の基本問題がこのように検討中であることへの評価が先ず必要である。)(以下次回)
(記事修正のご要求・ご意見は sanaripat@gmail.com に送信下さい)IP Strategy、 iPS、内閣知財戦略本部、フォサマック錠
The Process of Establishing IP Strategy 内閣知財戦略本部の新年度知財計画策定過程
弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT
Sub Site http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog (From Pro Patent to ProInnovation)
Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat (ボンドの立体商標)

 政府諸計画の閣議決定後の内容は、いわゆるソツなく表現されて、残された重要課題が被覆されている場合が多い。内閣知財戦略本部の2009年度知財計画についても、策定の最終段階に入った現時点での委員発言に注目しておくことが、計画成案の理解に役立つ。以下SANARI PATENTが要約した発言要旨であるが、順序不同のままである。

1. 医薬の新たな投与方法による治療費への影響
  新規投与方法による薬剤費の上昇への懸念について、フォサマック錠のケースを紹介する。その35mg錠を週1回投与の発売時薬価は847円80銭で、1日薬価は従って、121円11銭である。一方、新たに承認された一日一回製剤のフォサマック錠5mgの場合は、142円70銭であるから、1日当りにすると、新投与方法による薬価の方が安価である。このように、利便性が増して、薬剤費はむしろ低くなっている(SANARI PATENT考察: 単発的な挙例となっているので、少なくとも複数事例の提示で理解したい)。

2. 「医療に関する発明」の種類ごとの審査基準の考え方(SANARI PATENT考察: 以下の記述は、この分野の知財専門家でないと理解困難であるし、また医療を特許対象から除外していない米国特許法の立場からは、問題の外に在る)      
  現行の審査基準で「医療方法として特許できない」と整理されている発明の種類について、これらの発明を特許対象とするためには、先ず現行の審査基準において「医療方法」として整理されている個別の技術について、医療方法ではない方法の発明と整理することについて、コンセンサスが得られるか、または医療方法に特許保護を認めないという基本的な考え方を変更して、医療方法に特許保護を認めることについて、コンセンサスが得られることの、この二通りいずれかが必要となる(SANARI PATENT考察: iPS、いわゆる万能細胞のニュースがあると、マスコミ始め、国際競争、特に国際特許競争への対処を強調するが、医療方法特許の基本問題がこのように検討中であることへの評価が先ず必要である。)(以下次回)
(記事修正のご要求・ご意見は sanaripat@gmail.com に送信下さい)IP Strategy、 iPS、内閣知財戦略本部、フォサマック錠
The Process of Establishing IP Strategy 内閣知財戦略本部の新年度知財計画策定過程
弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT
Sub Site http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog (From Pro Patent to ProInnovation)
Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat (ボンドの立体商標)

 政府諸計画の閣議決定後の内容は、いわゆるソツなく表現されて、残された重要課題が被覆されている場合が多い。内閣知財戦略本部の2009年度知財計画についても、策定の最終段階に入った現時点での委員発言に注目しておくことが、計画成案の理解に役立つ。以下SANARI PATENTが要約した発言要旨であるが、順序不同のままである。

1. 医薬の新たな投与方法による治療費への影響
  新規投与方法による薬剤費の上昇への懸念について、フォサマック錠のケースを紹介する。その35mg錠を週1回投与の発売時薬価は847円80銭で、1日薬価は従って、121円11銭である。一方、新たに承認された一日一回製剤のフォサマック錠5mgの場合は、142円70銭であるから、1日当りにすると、新投与方法による薬価の方が安価である。このように、利便性が増して、薬剤費はむしろ低くなっている(SANARI PATENT考察: 単発的な挙例となっているので、少なくとも複数事例の提示で理解したい)。

2. 「医療に関する発明」の種類ごとの審査基準の考え方(SANARI PATENT考察: 以下の記述は、この分野の知財専門家でないと理解困難であるし、また医療を特許対象から除外していない米国特許法の立場からは、問題の外に在る)      
  現行の審査基準で「医療方法として特許できない」と整理されている発明の種類について、これらの発明を特許対象とするためには、先ず現行の審査基準において「医療方法」として整理されている個別の技術について、医療方法ではない方法の発明と整理することについて、コンセンサスが得られるか、または医療方法に特許保護を認めないという基本的な考え方を変更して、医療方法に特許保護を認めることについて、コンセンサスが得られることの、この二通りいずれかが必要となる(SANARI PATENT考察: iPS、いわゆる万能細胞のニュースがあると、マスコミ始め、国際競争、特に国際特許競争への対処を強調するが、医療方法特許の基本問題がこのように検討中であることへの評価が先ず必要である。)(以下次回)
(記事修正のご要求・ご意見は sanaripat@gmail.com に送信下さい)IP Strategy、 iPS、内閣知財戦略本部、フォサマック錠
The Process of Establishing IP Strategy 内閣知財戦略本部の新年度知財計画策定過程
弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT
Sub Site http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog (From Pro Patent to ProInnovation)
Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat (ボンドの立体商標)

 政府諸計画の閣議決定後の内容は、いわゆるソツなく表現されて、残された重要課題が被覆されている場合が多い。内閣知財戦略本部の2009年度知財計画についても、策定の最終段階に入った現時点での委員発言に注目しておくことが、計画成案の理解に役立つ。以下SANARI PATENTが要約した発言要旨であるが、順序不同のままである。

1. 医薬の新たな投与方法による治療費への影響
  新規投与方法による薬剤費の上昇への懸念について、フォサマック錠のケースを紹介する。その35mg錠を週1回投与の発売時薬価は847円80銭で、1日薬価は従って、121円11銭である。一方、新たに承認された一日一回製剤のフォサマック錠5mgの場合は、142円70銭であるから、1日当りにすると、新投与方法による薬価の方が安価である。このように、利便性が増して、薬剤費はむしろ低くなっている(SANARI PATENT考察: 単発的な挙例となっているので、少なくとも複数事例の提示で理解したい)。

2. 「医療に関する発明」の種類ごとの審査基準の考え方(SANARI PATENT考察: 以下の記述は、この分野の知財専門家でないと理解困難であるし、また医療を特許対象から除外していない米国特許法の立場からは、問題の外に在る)      
  現行の審査基準で「医療方法として特許できない」と整理されている発明の種類について、これらの発明を特許対象とするためには、先ず現行の審査基準において「医療方法」として整理されている個別の技術について、医療方法ではない方法の発明と整理することについて、コンセンサスが得られるか、または医療方法に特許保護を認めないという基本的な考え方を変更して、医療方法に特許保護を認めることについて、コンセンサスが得られることの、この二通りいずれかが必要となる(SANARI PATENT考察: iPS、いわゆる万能細胞のニュースがあると、マスコミ始め、国際競争、特に国際特許競争への対処を強調するが、医療方法特許の基本問題がこのように検討中であることへの評価が先ず必要である。)(以下次回)
(記事修正のご要求・ご意見は sanaripat@gmail.com に送信下さい)IP Strategy、 iPS、内閣知財戦略本部、フォサマック錠

ラベル:

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム