2008年5月27日火曜日

IC Tag by STAR Engineering Co.

IC Tag by STAR Engineering Co. as Vital Small Company Praised by Small
Enterprises Agency:中小企業庁「元気なモノ作り中小企業300社」の現況
弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT
別サイト http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog 中国小売業に参入前後の課題(2008-5-26記事No.2)
別サイト http://d.hatena.ne.jp/SANARI/ 新法・生物多様性基本法と遺伝子組換(2008-5-24記事)

1.「高精度ICタグ」メーカーとして中小企業庁が「スターエンジニアリング株式会社」を顕彰:
1-1 ICタグは、ミリ単位のICチップと小型アンテナによる無線機能部分と、それを支える小型通信機として、発想されてから既に長期間を経ているが、技術開発が急速に加えられて、識別・記録・管理など他分野にわたる応用が展開しつつある。
1-2 ICタグのうち特に非接触ICタグ(REID)についてIT mediaニュース(2008-5-23)は、「米国の調査会社ABI Researchは、非接触ICタグ(REID)の世界総売上高が2008年以降、年間平均成長率15%で伸長し、2013年には97億ドルに達する見込みと報告(2008-5-20)したこと」を伝えている。
1-3 従って、ICタグ関係の国内特許出願も日立、東芝などの総合電機メーカー、松下電器、ソニーなどの家電メーカー、大日本印刷、トッパンフォームズなど印刷関連の大企業が上位を占めてきたが、中小企業庁が「元気なモノ作り中小企業300社」のうちに「スターエンジニアリング株式会社」を数え、「マイクロモーター製造で培った超微細な巻き線技術を応用し、ICタグの小型化、低価格化を同時に実現し、大手メーカーからの引き合いが殺到」と評していることは、中小企業・大企業の優劣が企業規模には依存しない代表的な事例を示したものである。

2.SANARI PATENT所見
2-1 中小企業のHome Pageは極めて多彩かつ懇切に中小企業政策の具体的措置を解説しており、「モノ作り300社」の紹介も中小企業者や知財専門家にとって貴重であるが、知的財産権との関係についてほとんど記載されていない。「スターエンジニアリング株式会社」についても記載がないが、対内外の同業および需要企業との関係において特許権とノウハウを含む知財戦略を展開してきたことは、別途推考されるところである。
2-2 すなわちスターエンジニアリングは現在も、従業員45名、資本金3千万円の、中小企業法上・典型的中小企業であるが、主要取引先は日立製作所、日立化成工業、日立ハイテクノロジーズ、日立電線、ソニー、凸版印刷、ソフエル、アルプス電気、沖電気等で、これら諸社とその関連会社への必須供給元になっている。
2-3 さらに、中国、韓国、タイに、関連会社を有する。
2-4 登録特許としては、「非接触ICカード用アンテナコイルの製造装置」(登録日2004-12-10)、出願特許公開としては「扁平状マイクロチップの生体への挿入装置」(公開日2007-12-6)など約50件が厳選されているが、上記2件等の発明者は星 勝治社長ほか1名であることにも、スターエンジニアリングの「強い中小企業性」が認識される。
(記事修正のご要求・ご意見は sanaripat@gmail.com に送信下さい)
IC Tag、スターエンジニアリング、日立製作所、日立電線、ソニー、凸版、沖電気、中小企業

ラベル:

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム