2008年4月7日月曜日

Establishing Special Zone for State-of -the-art

Establishing Special Zone for State-of -the-art Medical Treatment:先端医療開発特区の創設など産業分野別政策(その1)
弁理士 佐成 重範 Google検索SANARI PATENT
別サイト http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog/ ユビキタスICT特区プロジェクト(20-08-4-6記事)

  経済対策閣僚会議決定 (2008-4-4)「成長力強化への早期実施策」のうち、産業分野別の体質強化政策を考察する。

  冒頭に「先端医療開発特区の創設」が掲げられたが、「先端医療関係の特許付与対象の拡大」については、全く触れていない。
  「金融商品取引所の業務範囲拡大」を掲げ、「二酸化炭素排出権」の取引を可能としているが、「二酸化炭素」の語を外して、単に「排出権」と記述している。

1. 決定内容(SANARI PATENT要約)
1-1 先端医療開発特区創設
最先端の 再生医療、医薬品・医療機器について、重点分野を設定した上で、先端医療研究拠点を中核とした他の研究機関や企業との複合体を選定し、研究資金の特例や規制を担当する厚生労働省、独立行政法人・医薬品医療機器総合機構との並行協議等により開発を促進するよう、早急に検討し実施する。平成20年度は、先行プロジェクトを実施する。(SANARI PATENT 注:ここは原文のまま記したが、複数関係者が推敲を重ねた文章で、「特区」に当たる語がない)。
1-2 金融資本市場の競争力強化
金融・資本市場競争力強化プランを早期に具体化する。そのため「金融商品取引法の一部改正法案」を早期に成立させる。その内容は、
1-2-1 金融商品の多様化
金等の商品を直接組み入れたETF(上場投資信託)の組成を可能にする。
現物拠出型ETFの対象株価指数の個別列挙方式を見直すと共に、その投資対象を株式以外の有価証券にも拡大する。
J-REIT(不動産投資信託)(SANARI PATENT 注:Real Estate Investment Trustで、野村不動産レジデンシャル投資法人など)への海外不動産の組み入れを可能とする。
1-2-2 英文開示有価証券の対象拡大
現在、外国ETFに限られている英文開示の対象有価証券を、外国会社等が発行する全ての有価証券に拡大する。
1-2-2 海外ファンドマネ-ジャ-の誘致
わが国市場で投資する海外投資家が、国内のファンドマネ-ジャ-と投資一任契約を締結する際、両者が独立した関係にあるときには、その海外投資家が受け取る運用益について、日本での確定申告義務がないことを明確にする。
1-2-3 プロによる取引の活発化
内外企業の資金調達機会の拡大およびわが国金融・資本市場の魅力向上のため、直接の参加者をプロに限定した自由度の高い市場の枠組みを構築する。
1-2-4 金融商品取引所および銀行グル-プ等の業務範囲の拡大
金融商品取引所による排出量取引市場の開設を可能にすると共に、商品現物取引、排出量取引等について銀行グル-プ等の業務範囲を拡大する。
1-2-5 金融商品取引法における課徴金制度の拡充
公正・透明で信頼性ある市場構築のため、課徴金の金額を引上げ、対象範囲を拡大する。

2. SANARI PATENT所見
  先端医療に関する知的財産政策上の革新的政策は、内閣知財戦略本部において結論を先送りしている。
  コンテンツの創成資金を証券化によって調達することについて、言及していないが、「対象の拡大」に読み込むこととする。
(この記事修正のご要求やご意見は、sanaripat@nifty.com に、ご記名ご送信ください)
Medical Treatment、再生医療、金融資本市場、二酸化炭素排出権、野村不動産

ラベル:

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム