2008年4月8日火曜日

Dispatching Power of Contents Industry

Dispatching Power of Contents Industry:「クリエイティブ産業の発信力強化」など産業分野別成長戦略」〔その2〕
弁理士 佐成 重範 Google検索SANARI PATENT
別サイト http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog/ 中小企業の成長力強化・早期実施対策(208-4-7記事)

  内閣知財戦略本部の知財計画で「コンテンツ戦略」としている課題を、経済対策閣僚会議では「クリエイティブ産業強化」と呼んでいる・

1. クリエイティブ産業の発信力強化
ミラノ・サロ-ネにおける日本展開催、カンヌ映画祭におけるジャパンコンテンツ発信拠点の設置、地域コンテンツフォ-ラムの開催、アジアCGサミットを実施する。
2. サ-ビス産業の生産性向上
業種別の生産性向上のための課題を抽出し、業種別生産性向上プログラムを策定する。特に生産性向上が必要な分野について、産業活力再生特別措置法に基づく事業分野別指針を策定する。(SANARI PATENT 注:「小売、情報サ-ビス、商社、研究開発サ-ビス、認証サ-ビス、業務プロセス・アウトソ-シング、プラント・エンジニアリング、環境サ-ビサイジング、対個人サ-ビス、自動車小売」が注記しているが、十分に整理されていない)。
3.物流コストの引下げ
貿易手続効率化のため、税関の臨時開庁手数料を廃止し、手続の簡素化、AEO度の対象拡大、輸出入関連システムの統合と共に、「輸出入・港湾関連情報処理センタ-株式会社」を設立するなど、貿易手続改革プログラムを早期に実施する。
4. 電子政府
4-1 ワンストップ電子行政サ-ビス実現を目指し、国民本位の電子政府・電子自治体実現の基本構想をまとめる。(SANARI PATENT 注:現行の基本構想を改定する意味と解する)。
4-2 引越し手続等のワンストップポ-タル構築のための実証実験を開始する。
4-3 手数料の引下げ、添付書類の削減に向けて、行政事務の簡素化・効率化に必要な見直し・点検に着手する。(SANARI PATENT 注:今まで着手していいなかったのですか、という感がある)。
4-4 年金の記録適正化、業務効率化のため、オンライン申請を推進する。(SANARI PATENT 注:受給者が納入証拠をメモリ-保存できると共に、中小企業のIT化にも役立つ)。
5. 建設業・住宅産業の体質強化
5-1 施工分野から設計企画分野、維持管理分野への活動拡大、現場管理にIT活用等の先進的取組のモデル事業を公募し支援する。
5-2 価格と品質で総合的に優れた公共工事調達を実現する総合評価方式を導入する。
5-3 耐震改修補助事業・融資事業を活用する。
5-4 長期優良住宅、省エネ改修、耐震改修の技術力向上、地域木造住宅関連産業の連携を支援する。

7.SANARI PATENT所見
71- 近く決定される平成20年度内閣知財計画のコンテンツ関係と今次関係を整合させることが必要である。
7-2 「輸出入・港湾関連情報処理センタ-株式会社」の設立計画に、模造品・海賊版の税関差止めに関する業務を明示すべきである。
(この記事修正のご要求やご意見は、sanaripat@nifty.com に、ご記名ご送信ください)
Dispatching Power、ミラノ・サロ-ネ、カンヌ、電子政府、耐震

ラベル:

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム