2012年7月1日日曜日

ダブルウェーブネクストの豊穣な相乗波、マルハニチロの業績と計画

成長性豊かな市場は欧米

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

C Site http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog
R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat
Twitter http://twitter.com/sanaripat
旧マルハと旧ニチロが経営統合してマルハニチログル-プが誕生してから5年目を迎えたが、その今次報告は、ダブルウェーブネクストの豊穣な相乗波を活かす極めて意欲的なものと見受けられる。その内容(SANARI PATENT要約)は、

1. 経営統合の相乗効果が徐々に顕在化するなか、マルハニチロはグローバル食品企業として更なる飛躍を目指している。

2. そのPhase2 融合期(2011~2013)においては、世界の市場変化を見据えて、飛躍するための基礎固めを行う。統合による力を最大限発揮しながら、中核事業の収益力の強化、財務体質の改善に全力を尽くす。

3. そしてPhase3 飛躍期(2014~2016)においては、世界人口の増加や健康面からの魚食の見直し、食の多様化などを背景として、魚の消費が急激に増大し、グローバルな規模で魚の争奪戦が始まっている事態に対処し、水産資源へのアクセスと海外市場の開拓、食品事業の収益力強化・冷凍食品・加工食品の海外市場でのマルハニチロブランド認知を徹底し、グローバル水産食品企業に飛躍する。食品養殖部門では、漁場を拡充し、新規漁場を獲得する。また、北米事業では、加工機能の強化により拡販体制を確立し、成長著しい欧米水産物市場におけるオンザイ間を拡充する。

4. 冷凍食品事業と加工食品事業は、売上拡大と利益率向上を最優先課題とし、マーケティング力や研究開発部門との連携を強化し、商品開発力の向上と新カテゴリーの創出を実現する。

佐成重範弁理士所見→工業製品業界で「成長力豊かな市場」と言えばアジアを始めとする新興国だが、マルハニチロでは「欧米市場」であるところに、その豊かな成長将来性を予見する。

(コメントは sanaripat@gmail.com にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム