2015年5月30日土曜日

国内の消費者向け電子商取引の市場規模は12.8兆円(14.6%増)


中国の消費者による日本および米国からの電子商取引購入額著増

弁理士 佐成 重範 Google,Yahoo! 検索 SANARI PATENT

消費者の購買における電子商取引の市場規模は逐年増加している

が、今年3月に至る年度においては、SANARI PATENTに着信した経

済産業省発メール(担当・商務情報政策局情報経済課)によれば

特に標記の趨勢が目立っている。すなわち、日本国内の消費者向

け電子商取引の市場規模が12.8兆円で対前年度14.6%の伸長を示し

、企業間電子商取引の市場規模が196兆円で5%の伸びにとどまった

のに対して増勢が著しい。国際間に眼を転ずると、中国の消費者

による日本および米国の事業者からの電子商取引による購入額は

1.2兆円で、前年度比53.0%の著増である。
SANARI PATENT所見→日本の消費者の米国および中国からの電子商

取引購入額は2千億円で8.9%増、米国の消費者による日本および

中国からの電子商取引購入額は8千億円で13.0%増と算定されてい

るから、わが国消費者の電子商取引活用は、更に大幅に伸長する

ことが国際時流に適合する。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム