2014年2月28日金曜日

世界一東京・オリンピック・カジノ・競馬・競輪、パチスロ特許


弁理士 佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT
C Site: http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog
R Site: http://plaza.rakuten.co.jp/manepat
Twitter: http://twitter.com/sanaripat
競輪月報が届いたが、平成25年暦年の公営競技売上高や入場者数などが報告された。競輪法は佐成重範弁理士が経済産業省(現)入省後の間もなく制定され、戦後の自転車製造技術や自治体財政補強を名分として公認されたのだが、「賭け」の性格は同様ながら、パチスロ・パチンコの電子機器性の方が、特許技術には密着しており、「パチンコ」関連の特許庁公開発明件数は2万9841件に達している92014-02-28現在)。「パチスロ」関連として1123件が表示されているが、パチ
スロは正式にはパチンコ式スロットマシンだから、パチンコの件数にも含まれていると解する。競輪の売上高の一部が、技術開発やCTの普及に役立ってきたことは明記すべきである。平成25年の売上高は、競輪6093億81675290万円で微減。中央競馬は2兆4049億3351万円で微増、公営5競技の合計は4兆3806億4423万円で微増だが、パチスロの売上高はおそらく相変わらず、20兆円近いと推測する。
当面の課題は、世界一東京の周辺に豪勢なカジノを認めて、米国ラスベガスや中国アモイに次ぐ、または勝るカジノ文化を志向するかどうかだが、既に、わが国産の「偽札発見・貨幣計算機」の技術水準は世界一でグローバル普及していることの認識も新たにすべきである。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム