2014年2月21日金曜日

シャルソン(ソーシャルマラソン)の全国ブランド・地域ブランド、共に活況


弁理士 佐成 重範  Google検索 SANARI PATENT
C Site: http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog
R Site: http://plaza.rakuten.co.jp/manepat
Twitter: http://twitter.com/sanaripat
明後23日の東京マラソンが、全国マラソンの日本独創ブランド「東京シャルソン」として全世界にマスコミされる形勢だが、それは勿論、コニカミノルタ、電通など、「ソーシャル」メディアをマラソンに融合させ、その国際的全国的地域的な先端産業・qqの独創コンビネーションを活気する知的財産マラソンとして、SANARI PATENTはその発展を全世界に及ぼすことの国益を高く評価する。
ソチでのメダル獲得は意に任せない成績だが、シャルソンで日本企業が新製品・新コンテンツ・新サービス・新キャラクターをマラソンと融合させることは、組合せ・擦り合わせの特技で知的財産権貿易収支を黒字拡大している日本産業界が得意とするところと考える。既にコニカミノルタは、東京シャルソン2014をmオフィシャルsポンサーとして協賛し、大会事務局への複合機提供と、SNSとの連携、および、これに連動したシャルソンレポートの提供サービスを通じて、シャルソンの内在価値を最高度に活気させるであろう。電通も、計測ポイント通過時にSNSに自動投稿でき、タイムと共
にスポンサの広告が表示されるから、シャルソンのビジネス価値を質的にイノベートする。
「ご当地シャルソン」の続出も必至で、明日、東京マラソンの前日には神田シャルソンが催行されるが、参加者は、配布される神田wシャツ姿で、配布された案内地図を活用し、国内外に人気高い秋葉原を含む神田地域を自由に走り、商店街の人々と触れ合いながら、次世代IT社会への希望を膨らませることであろう。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com にご送信ください)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム