2013年10月3日木曜日

TOPPANの「マテリアルソリューション事業本部」本年度初発足の始動効果


弁理士 佐成重範 Google検索 SANARI PATENT
米国政府債務制限の余波が予感される折柄、TOPPANの業務報告が届き、「事業活動のスピードアップを実現する新組織」として「TOPPANの成長エンジンを創出するマテリアルソリューション事業本部(今年度初に新設)が、同社在来のマテリアルソリューション事業本部・エレクトロニクス事業本部・高機能事業本部の統合組織として既に、新事業の創出と新市場へのチャレンジ・グローバル展開の加速・技術複合化による新進化に取組んでいることは、アベノミクスの独自流と共に、日本の再興隆を予感させる。
この新組織が早速取組んでいる注力分野は、「ディスプレイ関連、半導体関連、高機能・エネルギー関連の3事業の各チャンネルを活かして、潜在市場を発掘し新市場を創造すること」、「半導体用フォトマスクを中心とするグローバルネットワークを最大限に活用し、各商材の諸国域進出を加速すること」、「TOPPANの各部門で独自進化してきた研究開発技術と生産技術のノウハウを統合して、開発力を強化し効率的生産システムを構築すること」であり、TOPPANのみならずわが国生産企業の全てに希求される志向である。
佐成重範弁理士所見→TOPPANは、部品単体であった製品ラインアップから、モジュール化した製品への展開を推進し、ビジネスモデルの変革を進めているが、ビジネスモデルの変革は、わが国の全企業にわたって創出・即時実行されることが、各企業の存続と再興のため必須である。新日鉄住金のような、この分野世界第2位の企業においても、ビジネスモデルの革新が先ず具体的に示されている。
(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com mail下さい)


0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム