2013年10月7日月曜日

専門性・革新性・独自性のビジネスモデルでFocus・R&D・Foresightするゼリア新薬工業


弁理士 佐成重範 Google検索 SANARI PATENT
生活習慣病の自覚が欧米と共に新興国高所得層にも急拡大し、関連して、ゼリア新薬工業株が年初来高値を更新して2377円に達し(2013-10-07前場)、6月安値1303円の82.4%高に及んだ。ゼリア新薬工業は、ビジネス3本の柱として専門性(Focus)・革新性(innovation)・独自性(Foresight)を掲げ、
1.     専門性は、医薬品事業について消化器系に特化
2.     革新性は、研究開発・物流を医用・家庭用の両軸を支えるエンジンとし、
3.     独自性は、コンシューマーヘルスケア事業においてコンドロイチンのパイオニアとして、各展開している。
医療用医薬品事業と消費者保健セルフケア事業のバランスによる均衡経営、医療用医薬品事業において消化器系を網羅する製品ラインナップと製剤の差別化によるスペシャリティファーマとしての医療関係者の評価・信頼、関節痛内服薬分野でナショナルブランドの地位を得たコンドロチンを始め、Over The Counter医薬品以外にも医薬部外品・トクホ食品など幅広く消費者のセルフメディケーションに、ゼリア新薬工業は貢献している。
既に、「製薬中堅。医療用は消化器系中心。ヘルスケア製品が第二の柱。スイス企業買収で海外展開」と特色付けられ(会社四季報)、「医療用は、潰瘍性大腸炎薬が拡大。一般用で滋養強壮ドリンクにCM効果が発現」(同)と高評価されている。加えて、「年に1~2回投与と低頻度で副作用が少ない、鉄欠乏症注射薬をスイス社から導入。国内推定患者数1800万人。子宮頚癌薬の臨床試験進む」(同)現状にあり、売上高・利益とも大幅増で、国の経済成長戦略と内外の健康政策に即応する業態と評価されよう。

(訂正のご要求は sanaripat@gmail.com mail下さい)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム