2008年2月3日日曜日

R&D for Hair Regeneration

R&D for Hair Regeneration 人類大関心の頭髪再生研究開発に国立機関も参入
弁理士 佐成 重範 sanaripat@nifty.com  Google検索SANARI PATENT
別サイト http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog/ 2008-2-3 The Meaning of Soft Power

  話題としてグロ-バルに関心を集める毛髪再生に、国立循環器病センタ-も研究に着手することが、asahi.com 2008-2-1-02-51で報告された。国立機関としては、産業総研の育毛剤特許出願もある。

1. Asahi.comの報道(SANARI PATENT要約)
1-1 美容外科手術などで余った他人の健全な頭皮で、毛の生え易い基盤をつくり、毛髪を再生する研究を国循センタ-が始める。拒絶反応を避けるため、国循センタ-がブタの心臓弁の再生で成功している脱細胞化処理法を用いる。
1-2 この処理によって得たコラ-ゲン基盤に、患者の毛包を付し、患者に移植する。患者から採取した毛頭乳細胞を、この再生頭皮に経皮投与し、頭髪の再生を促す。

2.育毛関係特許公開の活況(最近の事例)
2-1 大日精化工業「細胞活性剤」(特許公開日2008-1-31)
発毛・育毛に有効な細胞活性剤の機能を有する薬剤を安価に提供するため、羊毛由来のタンパク質、ポリペプチド、低級ペプチドおよびアミノ酸から選ばれた、少なくとも1種の成分またはこの成分の誘導体から成るポリペプチドを含む細胞活性剤を提供する。
2-2 独立行政法人・産業総研「繊維芽細胞増殖因子アゴニスト」(特許公開日2008-1-24)
FGF4受容体を活性化するFGF18を始めとするFGFファミリ-の不足が原因で生ずる疾患の治療または予防を目的とする薬剤、特に育毛剤を提供するため、FGF4受容体を活性化する天然物由来成分から成る医薬組成物、医薬部外品組成物、化粧品組成物を提供する。
2-3 ライオン「育毛養毛剤組成物」(特許公開日2008-1-17)
育毛養毛効果に優れ、長期にわたり使用に耐え得る育毛養毛剤組成物を、アポト-シス誘導促進タンパク質の阻害物質、ヒドロキシピリドン誘導体、分子中にヒロドキシ基を有するエステル化合物の配合によって提供する。
2-4 花王「ジペプチド誘導体およびその製造方法」(特許公開日2008-1-17)
症状や体質にかかわらず、発毛・育毛を促進し、種々の脱毛症に有効なペプチドおよびその製造方法、並びにそれを含む育毛剤を提供する。
2-5 東洋新薬「育毛剤」(特許公開日2007-11-29)
精製されたプロアントシアニジンを用いた育毛剤よりも育毛効果が大きい育毛剤を、植物から抽出された植物体抽出物を有効成分として提供する。
2-6 ロ-ト製薬「育毛剤」(特許公開日2007-11-22)
ダイズタンパク質のサ-モリシン分解物を含有させることにより、顕著に高い育毛効果を有する新規の育毛剤を提供する。
2-7 宇部興産「高分子量フコイダン含有育毛剤」(特許公開日2007-10-11)
オキナワモズク属のモズクを原料として、従来の低分子フコイダンでは得られない、優れた育毛効果を有する育毛組成物を提供する。
(この記事の修正ご要求は、sanaripat@nifty.comに送信下さい)
Hair Regeneration、大日精化、ライオン、花王、ロ-ト目薬

ラベル:

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム