2008年1月25日金曜日

Innovation by Cell Phone NTT/DoCoMo

Innovation by Cell Phone NTT/DoCoMo :ドコモのイノベ-ションと特許公開
弁理士 佐成 重範 sanaripat@nifty.com Google検索SANARI PATENT
別サイト http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog/ 2008-1-25 JPO Innovation-IP Policy

  NTT/DoCoMoが、「夢をかなえるケ―タイ」をPRしている。諸官庁では相変わらず「携帯電話」だが、早く「ケ―タイ」(Mobile Cell Terminalという米英語よりも優れた世界語として)に統一すれば良いのにと、SANARI PATENTは考えてしまう。

  しかし、gartner.comが示すように、世界ケ―タイ機器市場でのシェアはわが国ケ―タイ販売全社を合計しても10%未満であるが、機能は世界最高と自負できると考える。

「夢をかなえる」ことがイノベ-ションであるから、NTT/DoCoMoは、イノベ-ション推進者として国策的にも評価すべきであるとSANARI PATENTは考える。

1. NTT/DoCoMoの新機能
  NTT/DoCoMo2.0について、最新機能が905i All in世界ケ―タイに次のように実現されたと述べている。(SANARI PATENT要約)
1-1 155国域で使用できる。
1-2 ハイスピ-ド従来の10倍。
1-3 大画面ワンセグと録画。
1-4 二つの番号とメアド(SANARI PATENT 注:メ-ルアドレスの語に早く、全国全世界で代えたい)。
1-5 検索位置周辺・乗換え情報を、音声入力で検索できるGPSと地図アプリ(SANARI PATENT 注:これもアプリケ-ションの語に早く代えたい)。
1-6 ケ―タイクレジット
1-7 高解像度VGA液晶(SANARI PATENT 注:VGAは、表示解像度。Video Graphics Array)。
1-8 文字拡大とシンプルメニュ-による見易さ
1-9 緊急地震速報受信

2. 年初来NTTドコモの特許公開事例(SANARI PATENT要約)
2-1 携帯電話機(特許公開日2008-1-17)
通信モ-ドとして、通話を行うための通話モ-ドと、デ―タ通信を行うためのデ―タモ-ドを有し、両モ-ドの特性を十分に活かして優れたユ-ザインタフェ-スを提供する携帯電話機を提供する。
2-2 サブチャネル割当装置およびサブチャネル割当方法(特許公開日2008-1-17)
MIMOシステムにおける、よりフレキシブルかつ効率的なサブチャネル割当方法を提供する。(SANARI PATENT 注:MIMOは、デ―タ送受信の帯域を広げる技術。Multi Input Multi Output)。
2-3 ビジ-信号コンセプトを用いた干渉許容範囲シグナリング(特許公開日2008-1-17)
QoS(通信品質)機構を効率的にサポ-トし、無線資源の効率的な管理を可能にする、BB-TDMAプロトコルベ-スの通信システムのための、改良されたコンセプトを提供する。(SANARI PATENT 注:TDMAは、多元接続方式の一つで「時分割多元接続」。Time Division Multiple Access)。
2-4 位置測定システムおよび位置測定方法(特許公開日2009-1-17)
基地局の配置場所や数にかかわらず、当該基地局と通信する移動端末の位置を高精度で測定できる位置測定システムおよび位置測定方法を提供する。
(この記事の修正ご要求は、sanaripat@nifty.comに送信下さい)
NTT/DoCoMo、MOMO、TDMA、GPS、VGA、ドコモ

ラベル:

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム